パーレー法はバイナリーオプションに利益をもたらすか?やり方を解説

POST:2021/11/17UPDATE:2021/11/22

 主にギャンブルで利用される手法の1つに、『パーレー法』というものがあります。

 またの名を、『逆マーチンゲール法』というこの手法は、果たしてバイナリーオプションで通用するのでしょうか?

 その別名から考えれば、利用は難しそうに思えますが……

 マーチンゲール法に関してはこちらをご参照ください。

バイナリーオプションでマーチンゲール法は絶対ダメ!

バイナリーオプションでマーチンゲール法は絶対ダメ!

POST:21/11/17

パーレー法はマーチンゲール法の逆

 前提条件として、パーレー法もマーチンゲール法と同様、ペイアウトが2倍以上、勝つ確率が50%の場合で有効です。

 元となったマーチンゲール法は、負ける度に掛け金を倍にしていき、最終的に勝ったときに確実に利益を出す手法。

 その逆と言われるパーレー法は、勝ったときに掛け金を倍に増やすことで、短期間のうちに大きな利益を狙う手法で、マーチンゲール法よりもリスクは少ないとされています。

 具体的にどうリスクが少ないのかというと、マーチンゲール法で10連敗した際には、その損失は初期投資額の1023倍にも膨れ上がるのに対し、パーレー法では初期投資額の10倍で済みます。

 数字で見ると、初期投資額を1,000円とした場合、10連敗時の損失はそれぞれ、

  • マーチンゲール法…1,023,000円
  • パーレー法   …10,000円

 となります。

 他方で、10連敗後の1勝で得られる利益は、マーチンゲール法では初期投資額分が確実に手に入るのに対し、パーレー法では1勝しただけではそれまでの損失は補えません。この点から、マーチンゲール法と違って必勝法と呼ばれることはほとんどないようです。

 先述の初期投資額1,000円の例だと、10連敗のあとに1勝した場合の利益は、

  • マーチンゲール法…+1,000円
  • パーレー法   …-9,000円

 このようになります。

 パーレー法の場合は、勝ってからが本領なので、一度で損失を取り戻そうとする必要はありません。仮にこのまま連勝できれば、次では2,000円、その次では4,000円と利益が増えていき、4連勝目で、損益は一気にプラスへと傾きます。

連勝することが前提

 パーレー法はその性質上、連勝しなければ意味がありません。

 連勝することに重きを置いているという点では、パーレー法はグッドマン法の要素もあると考えていいでしょう。

グッドマン法はバイナリーオプションで活用できる?どんな取引方法?

グッドマン法はバイナリーオプションで活用できる?どんな取引方法?

POST:21/11/17

 また、勝ち負けを交互に繰り返した場合に損益がマイナスになる点も同様です。加えてパーレー法は、そのまま掛け金を上げ続けると、負けた瞬間に利益が一気に消し飛ぶことになり、その点を鑑みるとややリスクが高い方法と言わざるを得ません。

バイナリーオプションにおけるパーレー法

 すでに申し上げましたが、パーレー法は本来、カジノ等ギャンブルで利用される手法です。そのパーレー法を、バイナリーオプションで活用できるでしょうか?

回数を決めれば使えなくはない

 もう一度、パーレー法の取引方法をおさらいしてみましょう。

  • 勝ったら次の掛け金を倍にする
  • 負けた場合は掛け金を最初に戻す

 このことから、際限なく取引を繰り返すと、負けた瞬間に利益が全て消えることはすでに申し上げた通り。

 ですので、例えば3連勝した時点で一度取引額をリセットするなど適宜追加でルールを定めて利用すれば、利益を獲得しつつパーレー法の利点を有効活用できるのではないでしょうか。

利用規約に要注意

 マーチンゲール法の記事にて触れましたが、ハイロードットコムなどでは『取引量の急激かつ重大な変化と発行者が考える事態に関係する取引パターン』を明確に禁止行為と定めています。

 勝つ度に取引量が倍ずつ増えていくパーレー法は、この規約に抵触する恐れが非常に高いと考えられます。

 上述のように上限を決めておけば、極端に初期投資額が高くない限り問題ないかとも思われるかもしれませんが、それでも口座が凍結する可能性は否定できません。パーレー法を利用する際には、各バイナリーオプション業者の規約を熟読の上、問題とならない範囲で節度を持って取り組みましょう。

まとめ

 ギャンブルで用いられる手法としては、パーレー法やマーチンゲール法、グッドマン法以外にも、

バイナリーオプションでモンテカルロ法は使える?デメリットは?

バイナリーオプションでモンテカルロ法は使える?デメリットは?

POST:21/11/17

 こちらのモンテカルロ法なども存在します。ただ、いずれの手法も『ペイアウトが2倍で勝つか負けるか確率がそれぞれ50%』という条件があり、同値での引き分けがあるバイナリーオプションでは使いづらさがある手法と言わざるを得ません。

 また、これらはあくまで『いくらを掛け金にするかの資金管理法』であり、為替レートがどちらに動くかの予測には関与しないもののため、如何に理論上は必勝法と呼ばれていたとしても、過信すべきではありません。

 バイナリーオプションはギャンブルではないという認識をしっかりと持った上で、テクニカル分析を駆使して為替レートの騰落を予測し、堅実な取引を心がけましょう。

オススメの海外バイナリーオプション

新着記事

前のページに戻るトップに戻る