最小の入金で最も多く取引できるバイナリーオプション業者はどこ?
【海外バイナリーオプション業者ランキング】

POST:2021/12/21

 バイナリーオプションは、FX以上に安価に始められ、取引の方法も単純なことから、一気に人気に火がついた資産運用方法です。

 FXはエントリー時と決済時の為替レートの差額に応じて利益が変わるため、しっかり稼ごうとするとそれなりの資金力が必要です。しかしながらバイナリーオプションは、為替レートの騰落予測を当てることで、ペイアウト率に応じた利益が得られるため、本当の意味で少額から資産を増やせます。

 では、数あるバイナリーオプション業者の中で、どの業者がより安価で始められるのでしょうか?

 各業者における最低入金額や、ポジションを建てるのに必要な最低限の金額から、初心者にオススメな、安く始められて、かつ多くの取引経験が得られるバイナリーオプションランキングを決定しました。

本当に少額から増やせるバイナリーオプションランキング

 まずはランキングの結果を御覧ください。選定基準につきましては後述いたします。

M-transactional

M-transactional
エムトランザクション
社名 Act Plus Holdings Ltd.
所在地 セーシェル共和国マヘ島
最小取引額 200円
最小入金額 10,000円
最小出金額 10,000円

 M-transactionalでのバイナリーオプション取引は、なんと200円から始められる手軽さ。入金可能な最低金額は10,000円とこちらは一般的な額ではありますが、ポジション代を最小に留めれば、1回の入金で少なくとも50回もの取引が可能となっています。

 口座も、メールアドレスを登録して、送られてくるURLから指示に従い必要事項を入力するだけで簡単に開設できます。最初の出金申請まで、身分証も必要ありません。

 平均したペイアウト率も1.90倍と業界最高峰の水準。全体の最大ペイアウト率も2.00倍と高い値を示しています。

 取引画面でローソク足チャートを表示できますので、分析の助けにもなります。少額からバイナリーオプションを始めたいのなら、M-transactionalがベストです。

M-transactional
公式サイトはこちら

ファイブスターズマーケッツ

Five Stars Markets
ファイブスターズマーケッツ
社名 ファイブスターズマーケッツ
所在地 バハマ国
最小取引額 500円
最小入金額 10,000円
最小出金額 10,000円

 ファイブスターズマーケッツも、1回の取引額が最低500円と安めの設定。最小入金額の10,000円と併せて、1回の入金で最低でも20回の取引が保証されています。

 最大の特徴はなんといっても豊富なインジケーター。別に解析ツールを用意せずともテクニカル分析が十分可能なほどに高性能です。

 ただ問題は、やや目立つ低めのペイアウト率。ファイブスターズマーケッツのペイアウト率は、市場の状況によって変動しますが、平均して低めの設定となっています。平日の特定の時間帯でペイアウト率が最大1.90倍を超えるプレミアムタイムもありますが、こちらも状況次第では1.90倍を超えない不安定さ。

 しかしながら、先述の解析手段の豊富さや、FXの簡易版であるWowFX取引の存在など、ペイアウト率以外は非常に魅力的なバイナリーオプション業者といえるでしょう。

FIVE STARS MARKETS
公式サイトはこちら

ハイロードットコム

HIGHLOW.com
ハイロードットコム
商号(社名) HLMI LLC
所在地 セントビンセント及びグレナディーン諸島
最小取引額 1,000円
最小入金額 5,000円※クレジット入金時
最小出金額 10,000円

 バイナリーオプション業者の老舗であるハイロードットコムですが、少額で始めるという意味では、実はバイナリーオプション業者の中ではややハードルが高めだったりします。

 最小入金額は、クレジットカード入金ならば最安値といえる5,000円ですが、取引に必要な最低金額は1,000円で、取引回数5回分しかありません。

 もちろん、口座開設時のキャッシュバックが5,000円ありますので、実質は10回取引可能ですが、それでもM-transactionalやファイブスターズマーケッツには及びません。ただ、平均したペイアウト率は1.90倍、最大2.30倍あるので、ファイブスターズマーケッツとはトレードオフの関係、といえるでしょうか。

HIGHLOW.com
公式サイトはこちら

ザオプション

theoption
ザオプション
社名 Arktech Ltd.
所在地 マーシャル諸島共和国
最小取引額 1,000円
最小入金額 5,000円※bitwallet入金時
最小出金額 5,000円

 ザオプションに最小で入金するには、bitwalletを利用しなければなりません。クレジット入金や銀行振込の場合、最低入金額は10,000円です。

 bitwalletは、それ単体で円・ドル・ユーロの両替が可能なオンラインウォレットで利便性は高いものの、銀行口座からの振込は色々と問題を抱えたみずほ銀行のみで、クレジット入金では手数料が発生し、出金の際にも手数料がかかります。

 ハイロードットコムに5,000円で入金するにもクレジットカードが必要ですが、利便性を考えればどちらが上かは明らかです。

 なお、2021年12月現在において、ザオプションでは初回入金で7,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われています。これを含めると、取引回数自体は12回と、ハイロードットコムを上回ります。

 また、新規口座開設キャンペーンとして、ボーナスキャッシュバック1,000円が付与される場合もあり、これも加えた場合は回数は13回。しかしながらこれらは期間限定である可能性があるため、今回の考慮からは除外しました。

theoption
公式サイトはこちら

選定基準

 今回のランキングは、如何に安く多く取引が可能かを焦点に、ペイアウト率も若干ランキング策定の参考にしています。

 なお、各社のキャッシュバックにつきましては、口座開設で確実に得られるハイロードットコムのもの以外は考慮していません。詳細については、それぞれの項目にて解説いたします。

 また、予測的中で確定した利益に関しても、考慮しません。取引可能回数は、あくまで入金分でのみの考慮となります。

 今回の比較対象は、『ハイロードットコム』『ファイブスターズマーケッツ』『ザオプション』『M-transactional』の4社。早速いってみましょう。

各社の最小取引額は?

 それぞれのバイナリーオプション取引におけるポジションの最小購入額は以下のとおりです。

ハイロードットコム 1,000円
ファイブスターズマーケッツ 500円
ザオプション 1,000円
M-transactional 200円

 M-transactionalの200円という安さが目を引きます。ファイブスターズマーケッツの500円も、他2社の半額とかなりお手頃ではないでしょうか。

最小入金額と入金条件

 最小入金額はどうなっているでしょうか。各社で最小入金が可能な条件と併せて、御覧ください。

入金額 条件
ハイロードットコム 5,000円 クレジットカード
ファイブスターズマーケッツ 10,000円 条件なし
ザオプション 5,000円 bitwallet
M-transactional 10,000円 条件なし

 ハイロードットコムとザオプションのみ、入金方法によって最小入金額が変わります。

 表に記載したもの以外の入金方法の場合、両社とも最小入金額は10,000円になります。

 クレジットカードでの入金はともかくとして、bitwalletに関しては、先述したとおりに手数料などの余計な費用が発生しますので、オススメしません。

 さて、ここで問題となってくるのは、1回の入金でどれだけの回数取引が可能なのかという点。

 これは単純に、最小入金額を最小取引額で割れば明らかになります。

ハイロードットコム 5回
ファイブスターズマーケッツ 20回
ザオプション 5回
M-transactional 50回

 ここまでの時点で、M-transactionalの取引回数が圧倒的となりました。

キャッシュバックは?

 ランキングの選定基準でキャッシュバックはハイロードットコム以外考慮しないとしましたが、一応こちらも見てみたいと思います。

 なお、キャッシュバックに関しては、ハイロードットコムのロイヤルティプログラムなど、ある程度の難易度がある達成条件が付与されたものは、完全に除外しています。

CB条件 CB額
ハイロードットコム 口座開設 5,000円
ファイブスターズマーケッツ 1万円以上入金+通貨ペアハイロー取引10回 5,000円
1万円以上入金+暗号通貨ハイロー取引10回 5,000円
ザオプション 口座開設(期間限定?) 1,000円
初回入金(期間限定?) 7,000円
M-transactional なし 0円

 ちなみに、これらを全て加味したとしても、ランキングの変動はほぼありません。

 ザオプションとハイロードットコムの順位は入れ替わりますが、ファイブスターズマーケッツのキャッシュバックをフルに活用したとしても、取引回数は倍になるだけで、M-transactionalの50回には届かないからです。

 ファイブスターズマーケッツのキャッシュバック条件を満たすため、初回に1万円を入金後、

  • 最小購入額500円で、通貨ペアのハイロー取引を10回行う→消費額5,000円
  • 最小購入額500円で、暗号通貨のハイロー取引を10回行う→消費額5,000円

 この時点で入金分は消費されますが、同時にキャッシュバック条件を満たしますので、申請すれば合計で10,000円のキャッシュバックが得られます。

 この10,000円で最小額の取引を行えば、取引回数は合計で40回となります。

 同様に、ファイブスターズマーケッツの回数をハイロードットコムやザオプションが超えることもできません。

まとめ

 最後にもう一度、今回の順位をおさらいいたしましょう。

  • 1位:M-transactional
  • 2位:ファイブスターズマーケッツ
  • 3位:ハイロードットコム
  • 4位:ザオプション

 当サイトではこれからも、様々な目線からバイナリーオプション業者のオススメランキングを作成していきたいと思います。

 もし、「この業者はどうなの?」というご意見ございましたら、ページ最下の『お問い合わせ』から、お気軽にご連絡ください。

海外バイナリーオプション目的別ランキング

最小の入金で最も多く取引できるバイナリーオプション業者はどこ?【海外バイナリーオプション業者ランキング】 平均ペイアウト率が1番高いバイナリーオプション業者はどこ?【海外バイナリーオプション業者ランキング】

新着記事

前のページに戻るトップに戻る