ハイロードットコムに年会費はある?口座維持費は?ランニングコストがないって本当?

POST:2021/12/23

ハイロードットコム
旧ハイローオーストラリア
社名 HLMI LLC
所在地 セントビンセント及びグレナディーン諸島
最小取引額 1,000円
最低出金額 10,000円

 ハイロードットコムは、総合的に見て海外バイナリーオプションの中で最もオススメなバイナリーオプション業者です。

 ところで、そんなハイロードットコムには、年会費や口座維持費はあるのでしょうか?

 このページにお越しいただいた方はその点が気になっていることでしょう。そこでこちらでは、ハイロードットコムを利用する上でかかってくる手数料などに関して、解説いたします。

ハイロードットコムの年会費は

 早速ですが結論から。ハイロードットコムを利用する上で、年会費は発生しません。

 ハイロードットコムにアクセスするための通信費や電気代などは当然別の話ですが、少なくともハイロードットコムに直接支払うものはありません。

 以下でも紹介していますが、ハイロードットコムでは『口座維持費』も『出金手数料』も発生しません。

口座維持費は?

 海外の金融機関では、口座維持費は比較的一般的な経費です。近年では国内の金融機関の一部でも採用が検討されていたり、実際に適用されていたりします。

 しかしハイロードットコムの場合、口座維持費も必要ありません。海外バイナリーオプション業者の中には、一定期間取引がなく、口座に残高がある場合、口座維持手数料として口座から支払われることもありますが、ハイロードットコムにはそれが一切ありません。

 これにより、しばらく取引できない状況になったとしても、勝手に資金が減るような心配がなくなります。

出金手数料は?

 海外バイナリーオプション業者の口座から出金する際には、ほとんどの場合手数料が発生します。その料金は安くても1,000円、高いと2,000以上取られることもあります。

 しかし、ハイロードットコムの口座から出金する場合、手数料は発生しません。出金先の制限や出金額の指定もなく、全ての出金要請に対し、無料で出金が可能です。

ハイロードットコムはどこから利益を得ている?

 上記で取り扱ったものは、いずれも業者の利益となるものでもあります。それらを必要としないハイロードットコムは、どこで利益を得ているのでしょうか。

 この話は、普通にハイロードットコムでバイナリーオプション取引を行うだけなら、ほぼ必要のない情報です。いわばおまけのようなものですが、お付き合いください。

基本的にはもちろん

 何が利益になっているのかというと、それはもちろん、利用者がポジションを建てる際の購入代金です。

 より正確にいえば、全体のポジション代からペイアウト分を除いた差額が、ハイロードットコムの収益となります。

 詳細については、下記の記事にて説明しています。

バイナリーオプションはギャンブル?投資?投機?

バイナリーオプションはギャンブル?投資?投機?

 ただ、これだけではあまりにも薄利。それどころか、損失が頻発することだって十分ありえます。

 どれだけ人気のバイナリーオプション業者であっても、資金=利益がなければ運営は続けられません。人気で安定した出金を可能にするためには、その分安定した収益が必要なのです。

そのためのスプレッド

 そのために活用されているのが、『ハイロースプレッド』『ターボスプレッド』といった、ハイリスクハイリターンの取引。

 これらスプレッドの名がついた取引は、高いペイアウト率と引き換えに、FXのようなスプレッド幅を設けることで、予測の難易度が大幅に増加しています。

 加えて、スプレッド取引に参加する方は、一発逆転のギャンブル好きの割合が高い様子。言い方は酷いですが、彼らをカモにすることで、我々一般利用者の利益は保たれているといえなくもありません。

 その他、30秒取引や1分取引も、その予測難易度から収益源の一部と考えられます。

まとめ

  • ハイロードットコムは年会費なし
  • 口座維持費もなし
  • 出金手数料もなし

 ランニングコストが一切かからないことも、ハイロードットコムが初心者から上級者まで非常に高い人気を維持し続けてきた理由の1つです。

 おまけの項目はやや裏話みたいなことになってしまいましたが、基本的に通常の取引を、しっかりとテクニカル分析を駆使した上で行うならば関係のない話。堅実な取引で、しっかりと利益を得ていきましょう。

海外バイナリーオプション目的別ランキング

最小の入金で最も多く取引できるバイナリーオプション業者はどこ?【海外バイナリーオプション業者ランキング】 平均ペイアウト率が1番高いバイナリーオプション業者はどこ?【海外バイナリーオプション業者ランキング】

新着記事

前のページに戻るトップに戻る