ハイロードットコムのデモ取引を詳細解説!リセット方法や注意点もご紹介

UPDATE:2022/05/26

ハイロードットコム
社名 HLMI LLC
所在地 セントビンセント及びグレナディーン諸島
最小取引額 1,000円
最低出金額 10,000円

 ハイロードットコムには、自己資金を使用せず、実際の為替レートを用いながらバイナリーオプション取引を体験できるデモ取引が用意されています。

 デモ取引は、本格的にバイナリーオプションを始める前の予行演習として活用できる他、新しい戦略を構築した際に、実践する前の予行演習としても利用できます。デモ取引があるのとないのとでは、それだけでその業者がオススメできるかどうかを左右する重要な要素です。

 本項では、ハイロードットコムにおけるデモ取引の始め方、本取引からの切替方法をおさらいしつつ、でも取引の活用法、デメリットなどにも触れていきたいと思います。

ハイロードットコムのデモ取引のおさらい

 ハイロードットコムの詳細やデモ取引の利用方法については、

ハイロードットコムの評判は?人気の理由を調査しました

ハイロードットコムの評判は?人気の理由を調査しました

 こちらの記事や、

海外バイナリーオプションでのデモ取引の始め方と取引方法【ハイロー/ファイブスターズ/ザオプション】

海外バイナリーオプションでのデモ取引の始め方と取引方法【ハイロー/ファイブスターズ/ザオプション】

 こちらの記事で以前取り扱っていますが、改めておさらいいたします。

デモ取引の始め方と使い方

 ハイロードットコムのデモ取引は、

ハイロードットコムデモ取引の始め方1

 トップページ上部右側、もしくは中央の『クイックデモ』から入ります。

 もしくは、すでにハイロードットコムの口座を持っている場合は、ログイン後の本取引画面から右上のメニューを開き、

ハイロードットコムデモ取引への切り替え

 こちらの『本口座』を『デモ口座』に切り替えることでも可能です。

 デモ取引の口座残高は『100万円+キャッシュバック5,000円』。それ以外は本取引と同様の操作で、

ハイロードットコム取引画面

 ①で取引の種類、③で取引する金融商品を選び、④でエントリーします。金融商品や決済までの時間は、②で絞り込みも可能です。

 また、3分以上の取引を選んだ際に利用できる『転売』については、⑤の部分をクリックし、

ハイロードットコムの転売

 開いた『購入オプション詳細』から行えます。

 取引内容は本番と同一です。デモ取引で取り扱えない金融商品も決済時間もありません。

 さて、ここまではPCからアクセスした場合のデモ取引の利用方法でしたが、スマホからだとハイロードットコムはどのように操作するのでしょうか。

 スマホからハイロードットコムアクセスした場合、

ハイロードットコム公式TOP(スマホ)

 画面中央あたりの『クイックデモ』からデモ取引画面に移動します。すると、

ハイロードットコムデモ取引画面01(スマホ)

 取引の種類と取引する金融商品を選ぶ画面に移動しますので、目的の取引時間を選んでから、取引したい商品をタップします。

ハイロードットコムデモ取引画面02(スマホ)

 商品を選び終えれば、PCと同様のチャート画面が表示されますので、下部でエントリー額と方向を選びます。もし商品を選び直す場合は、左上の『×』で前の画面に戻れます。

ハイロードットコム
デモ取引はこちら

デモ取引のリセットについて

 デモ口座の残高が0になったなどの理由で、ハイロードットコムのデモ取引をリセットしたいときは、口座を保有していてログイン状態にあるならば、ログアウトすればデータがリセットされます。

 しかし、ログインしていない、あるいはハイロードットコムの口座を持っていない場合は、いくつかの手順が必要となります。

Cookieの削除

 1つは、ブラウザに保存されたCookieを削除する方法です。ハイロードットコムのデモ取引に関するデータはCookieとして保存されているため、これを削除すれば、また最初からデモ取引を行うことができるようになります。

 利用者が多いGoogle Chromeの場合を例にすると、右上のメニューを開き、『設定→セキュリティとプライバシー→Cookieと他のサイトデータ』へと進み、『すべてのCookieとサイトデータを表示』から、現在保存されているCookieを呼び出します。

 その画面の中央右上にある検索バーで『app.highlow.com』を検索し、表示されたものを削除すれば、リセットが完了します。

 削除するのは『highlow.com』のCookieデータではなく、『app.highlow.com』のCookieデータですのでご注意ください。

 作業する際には、ハイロードットコムのデモ取引画面は閉じておいてください。

別のブラウザを使う

 もう1つの方法は、ハイロードットコムに対応した別のブラウザでデモ取引を新しく始める方法です。

 ハイロードットコムは『Google Chrome』『Mozilla Firefox』『Safari』『Microsoft Edge』といった主要ブラウザの最新バージョンなら問題なく動作します。

 なお、サポートが終了しているためもうほとんど利用している方はいないかと思いますが、Internet Explorerは対象外となっていますのでご注意ください。

シークレットウィンドウを使用する

 最後は、各ブラウザの機能である『シークレットウィンドウ』で取引を行う方法です。

 シークレットウィンドウを用いた場合、閲覧データやCookieは保存されない仕様になっています。

 こちらでデモ取引を行った場合、ウィンドウを一度閉じるだけでリセットが可能です。Chromeの場合、右上のメニューから『新しいシークレットウィンドウ』を選択するか、『Ctrl + Shift + N』で、シークレットウィンドウが開かれます。

スマホ版は手軽にリセットできる

 ここまではPCのブラウザからハイロードットコムのデモ取引にアクセスした場合のリセット方法でしたが、実はスマホからのアクセスの場合、リセットは非常に手軽に行なえます。

ハイロードットコムのデモ取引リセット01(スマホ)

 こちらは、ハイロードットコムにスマホからアクセスした場合のデモ取引画面です。こちらの画面の右上にあるメニューをタップすると、

ハイロードットコムのデモ取引リセット02(スマホ)

 デモ口座の残高の下に『デモ口座をリセット』とあるので、そこをタップするだけです。

デモ取引を行う際に注意すること

 口座の有無に関わらず、ハイロードットコムのデモ取引は活用可能です。しかし、利用にあたって、いくつか注意するべき点があります。

緊張感の違い

 デモ取引では、当然ですが自分の資金には一切影響を及ぼしません。デモ取引で資産が減ることもなければ、利益を出したからといってそれを出金することも不可能です。

 これはすなわち、取引に対する真剣度や緊張感が薄らぐという意味でもあります。システム的には同じ環境であっても、心理面では異なるという点を把握しておかないと、どれだけデモ取引で練習したところで無意味です。

本番環境と間違えないように

 すでにハイロードットコムで取引を行っており、新しい戦略をデモ取引で試したいという方も多いでしょう。そんなときは、先述の通り本口座からデモ口座へ切り替えを行えばいいのですが、この切り替えを忘れると、デモ口座のつもりが本口座で取引をしていて、気づいたときには多額の資産を失っていたという最悪の事態になりかねません。

 デモ口座を利用中は、左上に表示されたハイロードットコムのロゴの右側に『クイックデモ』と表示されています。取引を始める前に、しっかりと確認しましょう。

 逆に、本口座のつもりが実はデモ口座で、せっかくの利益がなかったことになったなんて事態も起こりえます。このときもやはり、取引画面の表示や口座残高には注意を払いましょう。

偽サイトに要注意

 ハイロードットコムを始めとする人気バイナリーオプション業者には、多くの偽サイトが存在します。

 実際に、Googleで『ハイローオーストラリア デモ』で検索をかけてみましょう。

 検索は2022年3月に行ったものです。検索する時期によっては表示されているサイトが異なる場合がありますのでご了承ください。

『ハイローオーストラリア

 このように、わざわざ『【公式】』とつけたサイトが上位にヒットしますが、このいずれも、ハイロードットコムの公式サイトではありません。

 ハイロードットコムの公式サイトのURLは『https://highlow.com/』であり、デモ取引は『https://app.highlow.com/』から始まるURLです。くれぐれもご注意ください。

デモ取引ができないときに確認するポイント

 ハイロードットコムでのデモ取引の手順や注意点は上記のとおりですが、そもそもデモ取引画面が開かない、公式サイトにアクセスできないといったトラブルが発生することもあります。そんなときは、以下の項目を確認してみてください。

土日はデモ取引できない

 実際の為替レートを使用しているため、ハイロードットコムでは土日はデモ取引ができません。

 より正確にいえば、平日であっても、以下の時間外には本口座を使った取引もできないため、必然的にデモ取引も停止しています。

原資産 取引時間
Turbo NZD/JPY 8:00~翌3:00
上記以外 8:00~翌5:00
Highlow CAD/JPY、CHF/JPY、EUR/AUD、EUR/GBP、GBP/AUD、GBP/USD、NZD/JPY、NZD/USD、USD/CHF ・15分
 8:00~翌3:00
・1時間
 8:00~翌6:00
・1日
 7:00~翌6:00
AUD/JPY、AUD/USD、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、USD/JPY ・15分
 8:00~翌6:00
・1時間
 8:00~翌6:00
・1日
 7:00~翌6:00
BTC/JPY、ETH/JPYBTC/USD、ETH/USD、GOLD、USOIL 8:00~翌6:00
UKOIL 10:00~翌6:00
AUS200 8:00~翌2:00
JPN225 ・前場
 9:00~11:30
・後場
 12:30~15:00
HKG33 ・前場
 10:30~13:00
・後場
 14:00~17:00
GER30 17:00~翌1:30
FRA40 17:00~翌1:30
UK100 17:00~翌1:30
US30、NAS100、SPX500 23:30~翌6:00

 場合によっては10分程度前倒しで取引が終了する銘柄もありますのでご注意ください。

 ですので、土曜であっても、最大午前6時までは、ハイロードットコムでもデモ取引が可能です。

ハイロードットコムがメンテ中

 基本的には、取引が行われていないタイミングでハイロードットコムのメンテナンスが行われていると考えていいですが、何らかのトラブル発生により、不意のメンテナンスが行われている場合もあります。

 突発的なものの場合事前連絡もなく行われていることが多いため、そのときはメンテナンスが終わるまで素直に待ちましょう。

インターネット回線のエラー

 ハイロードットコム側ではなく、こちら側のインターネット回線に何かしらの障害が発生している場合、当然デモ取引は行なえません。

 当然、ネット障害のときは他のサイトやSNSにもアクセスできません。復旧を待ちましょう。

ハイロードットコム、もしくはレート配信元のエラー

 ハイロードットコム自体、あるいはレート配信元であるLMAXやFXCMに障害が発生している場合も、やはり取引不可能です。

 この場合、先述のメンテナンスに移行して利用できない時間が伸びる可能性もあります。

使用している端末のスペック不足

 ほとんどのPCやスマホからなら、ハイロードットコムは問題なく動作します。しかし、十年以上前の端末で、当時でもスペックが低いものの場合、スペック不足やサポート外となって利用できない可能性があります。

 解決策は単純。問題なく動作する新しい端末を用意しましょう。PCの場合、以下の記事に最低限このスペックがあれば大丈夫な基準を明記していますので、ご参照ください。

バイナリーオプションで使用するPCやネット環境の選び方決定版

バイナリーオプションで使用するPCやネット環境の選び方決定版

まとめ

  • ハイロードットコムのデモ取引は口座を持っていても持っていなくても使える
  • デモ取引のリセットはCookieの削除か別のブラウザを使うかシークレットウィンドウの活用を。ログイン中ならログアウトで
  • 本番とは緊張感が違うことや、切り替え忘れに要注意

 ハイロードットコムでバイナリーオプションに取り組んでいる方の大多数は、デモ取引を活用した予行演習を繰り返し、少しでも利益を上げられるよう創意工夫しています。

 また、バイナリーオプションを始めようと検討している方も、まずはこのデモ取引で、バイナリーオプションとは、ハイロードットコムとはどういった感じかを前もって体験している方が大半です。

 当方といたしましても、まずはデモ取引で、自分に合った取引ができるかどうかを確かめてから、バイナリーオプションを始めるのをオススメいたします。

新着記事

前のページに戻るトップに戻る