海外バイナリーオプション業者のスマホアプリ対応状況と利用すべきか否か

POST:2022/07/04

 皆さんが現在利用しているスマホは、iPhoneですか? それともAndroid搭載端末ですか?

 日本国内に限定したシェア率は、双方ともに半々といったところ。しかしながらこれは日本に限定した話で、世界的に見ると、Google PixelなどのAndroid端末のほうが高いシェア率を有しています。特にヨーロッパにおいては、この傾向が顕著に現れているようです。

 何故海外ではAndroidのほうが人気なのか、何故日本ではiPhone優勢なのかはさておき。バイナリーオプションは勿論、今やスマホだけで投資活動を行う利用者も少なくありません。国内の証券会社も、取引用のスマホアプリを提供しているところが多く、『スマホを使って手軽に』というのは、顧客獲得の上で重要な1つのファクターであるのは間違いないでしょう。

 では、海外バイナリーオプション業者についてはどうでしょうか? 主要バイナリーオプション業者のアプリ対応状況や、アプリからの取引における注意点をまとめました。

 原則、バイナリーオプションにせよFXにせよ、取引画面の利便性などの観点から、PCからの取引を推奨します。

バイナリーオプションで使用するPCやネット環境の選び方決定版

バイナリーオプションで使用するPCやネット環境の選び方決定版

各バイナリーオプション業者のOS毎のスマホアプリ対応状況

 前提として、いずれの業者にも、iOS向けのスマホアプリはありません。以前はApp Storeに並んでいたアプリもありましたが、現在は全てストアから撤去されています。

 Android用スマホアプリについてもGoogle Playからはダウンロード不可能です。しかしAndroidは、設定さえ変更すれば外部からアプリをインストール可能なため、アプリを提供している業者は、自社公式サイトに設置されています。

 何故iOSでは現在提供されていないのかについては後述するとして、まずは各バイナリーオプション業者のアプリ対応状況を見ていきましょう。

ハイロードットコム

 以前は、ハイロードットコムでもAndroid用アプリが公式サイトから入手可能でした。しかし2022年7月現在は、公式サイト上からダウンロード可能なアプリのページは撤去されています。

 ハイロードットコムの場合、単純にブラウザの取引画面をアプリに落とし込んだだけのもののため、あえてアプリを利用する意味がないというのが最たる理由と考えられます。また、これはいずれの業者にも当てはまることではありますが、日本国内を主要ターゲットとする場合、やはりiOS向けに提供できないのが大きく、Android版のみを継続して提供し続けるのは、コストパフォーマンス的によろしくないと判断されたのかも知れません。

 何にしても、ハイロードットコムはスマホブラウザからの利用でも全く問題ないため、わざわざ外部アプリをインストールする手間をかけるほどではないでしょう。

ザオプション

 ザオプションは2022年7月現在においても、Android用スマホアプリを提供しています。デスクトップアプリの『theoption PRO』は提供が終わりましたが、スマホアプリはまだ健在なようです。

 ダウンロードは公式サイトの中程にリンクがありますので、そちらから入手可能です。ただし、ザオプションの場合も、ブラウザからアクセスする場合とアプリを利用する場合において、どちらかが明確に優位であるとはいえませんので、あえてアプリを利用する必要はないと思われます。

ファイブスターズマーケッツ

 ファイブスターズマーケッツにも、Android版アプリが用意されています。ただ、こちらについても他業者と同様、ブラウザからアクセスしたときとアプリとでは大きな違いがなく、どうしてもアプリがいいという場合でもない限りは、インストールしなくても問題ありません。

 ファイブスターズマーケッツの場合、スマホから公式サイト上部のメニューから『お取引方法』→『Android版取引アプリ』と進むと、ダウンロードおよびインストール手順が記載されていますので、ご参照ください。

その他の業者

 その他の業者については、以下に簡単にまとめました。

アプリ提供
ゼントレーダー あり
Bi-Winning なし
Mtransactional なし

 このように、対応している業者と対応していない業者は半々といったところでした。また、アプリを提供しているバイナリーオプション業者であっても、その内容はブラウザのものと明確な違いがないものばかりのようです。

 このことを考えると、やはり無理にスマホアプリで取引しなくてもいいと考えられます。ただし、ブラウザからアクセスした際に、誤って他のページに移動してしまい、ログインが解除されたなどの不意のトラブルに見舞われることはなくなるため、一概に完全に不要とは言い難いところはあります。

アプリストアで提供されない理由

 現在はアプリの提供を終えているハイロードットコムを含め、元々は各スマホOSの公式ストアでアプリが提供されていました。しかし、今はいずれのストアからも撤去され、Android版のみが公式サイトからダウンロード可能という状況です。

 これは、世界的にバイナリーオプションが規制の対象となりつつある状況が影響しています。単純な話、世界規模でバイナリーオプションを規制し始めている以上、それに関わるアプリを、iOS、Android双方の公式ストアが、正式に認可して提供するのを厭うた結果、ストア経由での配布は終了してしまったわけです。

 この流れが今後反転する可能性は非常に低いため、iOS≒iPhoneを利用している方は、アプリ利用は諦めてブラウザを活用しましょう。

スマホアプリからバイナリーオプションに取り組む際の注意点

 ここから先はAndroidユーザー向けの話となります。iPhoneをご利用の方は、スマホでバイナリーオプションに取り組む際には、PCと同様ブラウザをご利用ください。

 Androidは、原則として推奨はされていないものの、外部のアプリ、所謂『野良アプリ』を手動でインストールが可能です。そのため、Androidならバイナリーオプション取引用のアプリを利用可能となっています。

 ただし、このインストール、利用にはいくつか注意が必要です。

 野良アプリ=提供元不明アプリは、場合によっては個人情報の不正取得やウィルス感染を目的とした危険なものもあります。ご利用は自己責任においてお願い致します。

端末やOSのバージョンによって手順が異なる

 ファイブスターズマーケッツやゼントレーダーのアプリダウンロードページには、ダウンロードからインストールまでの手順が記載されています。しかしながら、Android利用者の方ならご存知かと思いますが、細かい手順は、使用している端末やOSのバージョンによって異なるため、注意が必要です。

 例えば、ファイブスターズマーケッツでは、

お使いのAndroidたんまつにて[提供元不明のアプリ]の項目にチェックを入れ有効化してください。

設定する場所
[設定]→[アプリケーション]→[提供元不明のアプリ] 又は、
[設定]→[詳細設定]→[セキュリティ]→[提供元不明のアプリ]

ファイブスターズマーケッツ公式サイトより

 このように記載されていますが、これは古いバージョンのAndroidでの操作方法です。機種によっては上記の操作で設定可能かも知れませんが、多くの場合、上記手順とは異なる操作が必要です。

 細かい手順は、それぞれの利用端末、OSのバージョンに合わせてご確認ください。

アップデートは都度手動で

 Google Play経由で入手したアプリなら、アップデートは基本的に自動で行われます。しかし野良アプリの場合、都度自分で再ダウンロードを行い、アップデートを行わなければなりません。

 アップデートを忘れていると、最新バージョンのOSに対応していなかったり、セキュリティ上問題があるまま利用することになりますので、注意しましょう。

まとめ

  • 各バイナリーオプション業者のスマホアプリはAndroidのみの提供で、提供していない業者もある
  • Google Playにはなく、各社公式サイトから手動で手に入れる必要あり
  • 利用は自己責任で。あえてアプリを使わなくても問題ない

 スマホアプリは、端末の利便性向上や趣味などで有用なものも多いですが、バイナリーオプション取引に関しては、わざわざ利用するまでもないでしょう。

 それでもどうしてもアプリで取引したいというAndroidユーザーの方は、活用してみてはいかがでしょうか。

新着記事

前のページに戻るトップに戻る