ハイロードットコムでは1時間取引がオススメ!

UPDATE:2022/05/25

 海外バイナリーオプションの取引時間は業者によって様々です。国内に限定していえば、国内のバイナリーオプションのルールに則って、最短でも『エントリーの受付開始から決済まで2時間』と定められていますが、海外に関してはその限りではありません。

 特に、取引時間が豊富なハイロードットコムにおいては、『30秒』『1分』『3分』『5分』『15分』といった具合に、様々な時間の取引が用意されています。これらは全般に、取引時間が短くなるほどペイアウト率が高くなり、テクニカル分析による予測が難しくなる傾向にあります。

 それでは、バイナリーオプションの初心者にとって、どの時間幅での取引が安定した利益を出せるでしょうか。今回は、ハイロードットコムを一例として、適度なペイアウト率と比較的安定した分析が可能な『1時間取引』について、取り組み方や分析の注意点などについて触れていきます。

ハイロードットコムの1時間取引の概要

 ハイロードットコムで用意されている1時間取引は、大きな分類では『ハイ&ロー取引』、もしくは『ハイ&ロースプレッド取引』に該当します。

ハイロードットコムの取引画面

 こちらのデモ取引画面を例に取ると、①の箇所でいずれかの取引区分を選択し②で取引時間を絞り込むといいでしょう。

 なお、通常のハイ&ロー取引とハイ&ロースプレッド取引の違いは、

ハイロードットコムの評判は?人気の理由を調査しました

ハイロードットコムの評判は?人気の理由を調査しました

 こちらでも触れていますが、簡単にいえば手数料幅の有無によって分けられています。スプレッドがある取引のほうが全体的にペイアウト率は高めの設定ではありますが、それ以上に安定した利益が出しづらい取引でもあるため、余程のことがない限りは通常の『ハイ&ロー取引』を選択しましょう。

 スプレッド≒手数料というのは、あくまで最も単純かつ分かりやすい言い回しというだけであって、実態とは異なります。

 本来、スプレッドとは、『金融商品の売価と買価の差』のこと、あるいは金利差を指しており、取引に際する手数料とは別のものです。これらは相場の急変時や流動性が低下した際に広がる傾向にあります。

 1時間取引、というよりハイ&ロー取引の特徴として、受付開始時刻と決済時刻が予め決まっており、決済時刻の1分前までなら好きなタイミングでエントリー可能というものがあります。

ハイロードットコムの1時間取引

 こちらはハイロードットコムの1時間取引画面をスマホから見た際のものです。色合いのせいで少々分かりづらいかも知れませんが、受付開始時刻が12時、決済時刻が13時と決められています。この場合、12時から12時59分までならどこでもエントリーができます。

 ターボ取引の場合は、決済の時間はエントリーからの経過時間となっています。

 この1時間取引が、何故初心者にオススメなのでしょうか。

転売ができる

 ハイロードットコムには、決済時間の1分前までなら、好きなタイミングでポジションを手放して利食い/損切りが可能な『転売機能』があります。

ハイロードットコムは基本を守って転売を活用すれば稼げる

ハイロードットコムは基本を守って転売を活用すれば稼げる

 この機能は3分以上の取引であればどれでも利用可能で、当然1時間取引でも使えます。

 勿論、相当レートが荒ぶっていない限りは、決済までポジションを保持したほうが利益は最大となります。しかし、レートが予測に反した動きを見せ、決済時点でどうにも利益が出そうにないというときに、早めにそのポジションを手放すことで、損失を最低限、あるいは少額でも利益を得ることができます。

テクニカル分析の精度が比較的高い

 テクニカル分析は、元々は日足を基準とした手法のため、それ未満の時間足、分足では精度が低下します。

 これは日足から遠くなるほどに顕著で、1分足チャートにおいては、状況次第では一部のインジケーターはほとんど機能していないといってもいいほど荒ぶることもあります。

 それと比較すると、15分足チャートや30分足チャート、1時間足チャートは穏やかです。ローソク足1本あたりに盛り込まれるトレーダー心理も増えるため、分析のしやすさ、想定通りに動く割合は当然高くなるのです。

 勿論、そうはいっても日足と比べるとやはり動きは激しくなりがちです。その点はくれぐれも忘れずに、慎重な分析を心がけましょう。

 先の1時間取引の特徴と合わせると、分析結果に対して余裕を持ってエントリーができるため、必然的に安定した取引がしやすくなります。

ペイアウト率も十分

 先だって、ハイロードットコム(ハイローオーおストラリア)では、取引時間が短くなるにつれてペイアウト率も高くなる傾向があると申し上げましたが、1時間取引に関していえばその限りではありません。

 2022年3月時点での数値ですが、ドル円のペイアウト率は15分取引において1.85倍なのに対し、1時間取引では1.90倍と、こちらのほうが上回っています。

 分析がしやすく、ペイアウト率も高めの1時間取引は、まさに初心者向けのバイナリーオプション取引といえるでしょう。

ノイズの影響を受ける確率が低い

 ノイズについては、

為替レートのノイズはバイナリーオプションで有効活用できる?できたら苦労しません

為替レートのノイズはバイナリーオプションで有効活用できる?できたら苦労しません

 こちらの記事でも触れていますが、超短期取引では、突発的なノイズによって、本来利益になり得た取引が損失に転じることも少なくありません。

 1時間取引であってもそれ自体は同様ではありますが、ターボ取引での発生割合と比べると、ほぼ無視できるレベルと思われます。

 テクニカル分析による的確なエントリーが大前提ではありますが、不意のノイズをあまり気にしなくてもいいというのは、非常にありがたい話です。

1時間取引で注意すること

 このように、バイナリーオプションにおいて1時間取引は、分析技術も身につき、利益もそれなり以上に得られるため、初心者の方には特にオススメです。

 しかし、そんな1時間取引にもデメリットはあります。

取引の効率は落ちる

 取引の効率自体は、どうしてもターボ取引と比べると落ちます。ターボ取引は30秒から5分の間で決済を迎えるため、上手く取引できればまたたく間に資産を増やせます。しかし1時間取引では、どうしても決済までの待ち時間が生じるため、短期間で資産を増やすには向いていません。

 こればかりはどうしようもないデメリットではありますが、博打的な要素が強い超短期取引を繰り返すよりも、1時間取引を堅実に行って利益を積み重ねたほうが、最終的にはよい結果をもたらす可能性も高いため、一概に悪いと言い切れるものでもないと考えられます。

突発的な事象にはどうしても対処できない

 これはどの取引にもいえることではありますが、何の前触れもなく何らかの事象が発生した場合、対応できません。

 このような事態を避けるための明確な手段は、前触れがない以上当たり前ですが、ありません。せいぜい、エントリー中は常に経済情報や要人の発言がないか注視し、何か起こったときにはすぐに転売で利食い、あるいは損切りができるように備える程度です。

 重要指標発表前後のエントリーは控える、各市場が開く時間帯には気をつけるなど、備えられるものに関しては十分に気をつけるのは大前提です。

まとめ

  • バイナリーオプション初心者には1時間取引がオススメ
  • しっかりと利益を得つつテクニカル分析の技術が身につく
  • 単純な資金効率は超短期取引には劣る

 ペイアウト率や決済まで時間が短いことから、よく分からないまま超短期取引を選びがちです。しかし、初めてバイナリーオプションに取り組むなら、是非1時間取引を試してみてください。

 1時間取引で経験を重ねてからでも、ターボ取引に取り組むのは遅くありません。むしろ、1時間取引で安定した利益を確保できるのなら、そのままその取引を継続して堅実に資産を増やしていきましょう。

 実際に取引する前に、ハイロードットコムにはデモ取引もありますので、試してみてはいかがでしょうか。

ハイロードットコム
デモ取引を試してみる

 他にも、より長期でテクニカル分析が活用できる1日取引もオススメです。

ハイロードットコムの1日取引はどうやって攻略するか

ハイロードットコムの1日取引はどうやって攻略するか

新着記事

前のページに戻るトップに戻る