ハイロードットコム(ハイローオーストラリア)とは?人気の理由を調査しました

POST:2021/08/19UPDATE:2021/10/18

 ハイロードットコム(https://trade.highlow.com/)は、海外バイナリーオプションの中でも老舗の業者で、多くの方が利用する人気サイトです。

 もともとはハイローオーストラリアという名で運営されていましたが、オーストラリアでバイナリーオプションの規制が強化され、現在ではセントビンセント及びグレナディーン諸島に移転、運営されています。

 どこだよそこ! という方に。

 カリブ海にある複数の島からなる国家で、国名にもあるセントビンセントでは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』の撮影も行われました。

 今回は、このハイロードットコム(旧ハイローオーストラリア)について、どういった取引が出来るのか、安全に利用できるのかなど、ご紹介していきます。

ハイロードットコムの基本情報

ハイロードットコム(旧ハイローオーストラリア)
商号(社名) HLMI LLC
所在地 セントビンセント及びグレナディーン諸島
設立 2020年7月17日
最小取引額 1,000円
最低出金額 10,000円

 設立年は若いですが、ハイローオーストラリアから数えると2010年からと、その運営歴は10年以上。取引時間の選択肢の多さ高いペイアウト倍率は、海外バイナリーオプションの中でも突出しています。

 具体的な取引内容は次項に譲るとして、現状、バイナリーオプションに取り組むならハイロードットコムが最優良ではないでしょうか。

ハイロードットコムで行える取引

 それでは、ハイロードットコムではどういった取引が行えるのでしょうか。

 勿論、ハイロードットコムはハイローオーストラリア時代から変わらず、バイナリーオプションのブローカーですから、種類的にはバイナリーオプションのみとなっています。

もし、バイナリーオプションとはなんぞや、という方は、以下の記事をご覧ください。

バイナリーオプションとは?リスクやデメリットは?FXとは違うの?

バイナリーオプションとは?リスクやデメリットは?FXとは違うの?

 ですが、損益確定までの時間の選択肢が、非常に多く用意されています。

ハイロードットコムデモ取引画面

 上の画像は、PCで開いた際の、ハイロードットコムのデモ取引画面の一部です。見づらくて申し訳ないですが、上部に、左から『HighLow』『HighLowスプレッド』『Turbo』『Turboスプレッド』と並んでいます。

 これらが、ハイロードットコムで行える取引の種類で、その中に入ると、更に細かく時間毎に取引を行うことが出来ます。

3つの時間から選べる『ハイロー』

 最も基本的な取引が行えるのが、『HighLow』です。

HighLow取引時間
取引時間 ペイアウト倍率
15分 1.80~1.85
1時間 1.90
1日 1.80~1.95

 取引する通貨ペアによってペイアウト倍率は多少変わりますが、いずれの取引時間においても、国内のそれよりも圧倒的に高いペイアウト倍率を誇ります。

 ペイアウト倍率は、2021年8月調査時点のものです。閲覧時期や利用時期で変動する場合がありますのでご了承ください。

 ハイロードットコムで行える取引の内、この3つは比較的国内バイナリーオプションに近い仕様でもあります。

 ハイロー型なのは他の海外バイナリーオプションと同様なのですが、後述のターボでの取引や他の海外バイナリーオプションとは違い、取引開始時刻と終了時刻が予め定められています。

 ただ、終了時間間際にエントリーしてもペイアウト倍率は固定ですので、仕様は若干似ていても、国内のバイナリーオプションに取り組むより利益が出やすいでしょう。

 国内と海外、それぞれのバイナリーオプションの違いについては、こちらをご覧ください。

国内と海外でバイナリーオプションはこれだけ違う!

国内と海外でバイナリーオプションはこれだけ違う!

より短時間の取引なら『ターボ』

 海外バイナリーオプションの、そして、ハイロードットコムの真骨頂といえば、この『ターボ』取引です。

Turbo取引時間
取引時間 ペイアウト倍率
30秒 1.90~2.00
1分 1.85~1.90
3分 1.80~1.90
5分 1.75~1.85

 特筆すべきはやはり30秒という超短期取引。ポジションを取った次の瞬間には、もう損益が決まります。

 また、ターボに属する取引では、取引の開始時間や終了時間が決められていません。ポジションを取った時点でカウントダウンが始まり、時間経過後、決済されます。

 せっかく海外バイナリーオプションを選んだのなら、こちらで取引するのもいいでしょう。

 30秒取引と1分取引に関しましては、チャートなどからの値動き予測が他の取引時間よりも困難です。

 また、ハイロードットコムには、取引途中で損益を確定させる『転売』というシステムがあるのですが(FXの損切り/利食いのようなもの)、この2つの取引時間を選んだ場合、転売が出来ません。

 慣れない内、資金が少ない間は、3分や5分、ハイローでの取引をオススメします。

一攫千金も狙える『スプレッド』

 先程、ターボはハイロードットコムの真骨頂といいましたが、こちらの『スプレッド』も、ハイロードットコムの大きな特徴といえるでしょう。ハイロースプレッドとターボスプレッドと2種類ありますが、まとめてご説明します。

 取引できる時間幅は、ハイロースプレッドならハイローと同じ、ターボスプレッドならターボと同じで、取引時間に関する取り決め(開始時刻が決まっているかどうか、など)も同様です。

 では、ペイアウト倍率はどうか、というと――

スプレッド取引時間
取引時間 ペイアウト倍率
30秒 2.25~2.30
1分 2.15~2.20
3分 2.00~2.05
5分 1.95~2.00
15分 2.00
1時間 2.00
1日 2.00

 一部の通貨ペアを除き、2021年8月現在、2倍以上のペイアウトが約束されています。

 同じ時間での取引なのに何故? と思われるでしょう。

 予め申し上げておきますと、いきなりスプレッド取引に挑むのは、オススメできません。というよりも、あえてスプレッド取引をする理由がないというべきでしょうか。

 スプレッドとは、簡単に言えばFXにおけるブローカーの手数料のようなもので、バイナリーオプションにおいては通常考慮しなくていい部分です。

 これが、判定に対しどう影響するのかというと……

 通常の取引が、上の画像のように現在のレートから上がるか下がるかだけを見るのに対し、

 スプレッド取引では、現在のレート±αから上がるか下がるかというところまで、見なければならなくなります。

 もし判定結果がこの±αの部分で収まってしまったら、ペイアウトはありません。更に、このスプレッドの幅も、レートと同様に変動します。

 ペイアウト倍率は確かに魅力的ですが、ただでさえ不確実な要素が絡んでいるのが為替なのです。あえて自らリスクを増やす必要はないでしょう。

 まず間違いなく予測を当てられる、という場合には挑戦してもいいかも知れません。ですが、値動きをデータから予測するテクニカル分析も、100%はありえません。

 大負けや連敗を回避しつつ、一回の大勝ちよりも複数回の小さな勝利を積み重ねることこそ、バイナリーオプションの真髄ではないでしょうか。

気になったらデモ取引で確認

 ここまでハイロードットコムでの取引についてお話しましたが、実際にこれらを、無料で試すことが出来ます。

 ハイロードットコムにはデモ取引があります。そこなら、自分のお金を使わずに、実際のデータや環境を使用しながら取引の感覚を味わえるのです。

 デモ取引用の口座には予め1,000,000円と、口座開設特典の5,000円分のキャッシュバックがありますので、口や文で説明されるより体験したほうが速いという方は、是非ご利用ください。

ハイロードットコムは安全なのか?

 本題に入る前に1点。

 大前提として、国内のバイナリーオプション業者と安全性を比較した場合、残念ながらというか当然というか、国内バイナリーオプション業者のほうに軍配が上がります。

 何故そうなるのかにつきましては、下記をご覧ください。

国内と海外でバイナリーオプションはこれだけ違う!

国内と海外でバイナリーオプションはこれだけ違う!

 かいつまんで説明しますと、

  • 国内:トラブルが生じても公的に追求が可能
  • 海外:トラブルなど全て自己責任

 といった感じで、海外バイナリーオプション業者を利用する際にはこの点にはご注意ください。

 では果たして、ハイロードットコムは海外業者の中でも安心して利用できるブローカーなのでしょうか?

出金はちゃんと出来るか?

 海外のバイナリーオプション業者を利用していると、口座からの出金が出来ないという話を聞くことがあります。

 そもそも、出金の可否を問われる時点で金融業者としてどうなんだという話ですが、ハイロードットコムではどうでしょうか。

 大手掲示板『5ch』でのハイロードットコム(5chのスレではハイローマーケッツ)板の書き込みを抜粋すると……

 10万円出金して残り40万円。10万以上プラスになったので負けても悔いはない。

 今月3万スタートで11万出金済です。

 出金関係は安定しているからか、わざわざ出金の報告をしている書き込み自体があまり見られませんでした。

 出金を拒否されたという書き込みもわずかに見られましたが、よくよく見てみれば『不正取引の疑いがあるから精査中→問題がなかったので出金』というパターンであったり、『不正な取引が検知されたので、入金分は出金処理で利益はリセット』といったものばかりでした。

 ハイロードットコムでの出金は問題ないといっていいでしょう。

 また、出金に際し手数料もかからず、最速で翌営業日には指定した金融機関に入金されるため、このあたりもユーザーに優しいといえるのではないでしょうか。

 ハイロードットコムの規約に違反する取引や、マネーロンダリングを疑われる行為を行えば、当然利益没収、場合によっては口座が凍結されます。

 また、資金管理においても、運営資金ユーザーの資金は分別管理されている上、専門職業賠償責任保険によってユーザーの資金は保証されています。

 ハイローオーストラリア時代には、世界最大にして最古の保険業者であるロイズ保険組合に加入していました。

現地でちゃんと登録されているか?

 日本の金融庁には登録されてはいませんが、ハイロードットコムの運営会社がある国ではどうでしょうか。

 ハイロードットコムのサイトには、この一文が添えられています。

 HLMI LLCはセントビンセント及びグレナディーン諸島の有限責任会社法に基づいて登録されています。

 法人としての登録はしっかりと行われているようです。

 これに加えて、ハイローオーストラリア時代には、認可を受けること、認可を受け続けることが難しい『オーストラリア証券投資委員会(ASIC)』の認可も受けていました。

 オーストラリアでのバイナリーオプション規制強化によって、ハイロードットコムは認可取り消しを受けざるを得なくなりましたが、運営体制は当時と変わらないようですので、安心できる証拠のひとつといえるでしょう。

運営歴はどうか?

 ハイロードットコムのサイト上では、2020年からの運営となっています。

 しかし先述の通り、ハイローオーストラリアは2010年からの運営。移転に伴い名称が変わっただけで、中身に変化はありませんので、実質的に、同じ名前で10年以上運営しているということになります。

 悪徳業者の中には、名称をコロコロ変えて運営し続けるところも少なくありません。それは、悪評が広まった名前を捨てて、さも新規参入の業者という風に見せかけて、ユーザーから資金を騙し取ろうという魂胆によるものです。

 ではハイロードットコムは? ハイロードットコムがハイローオーストラリアから名称変更せざるを得なくなったのは、オーストラリアから移転したからであって、何らかの後ろめたいことを隠したかったからではありません。

 事実、少し調べれば同一のブローカーであることは分かります。同じ名前で長年に渡り運営し続けているということは、ユーザーから安心して利用できると信頼されている証拠ではないでしょうか。

サポート体制は整っているか?

 海外バイナリーオプション業者のサポート体制は、メールのみのところも少なくありません。

 ですが、ハイロードットコムの場合、日本語での電話サポートにも対応しています。

 いざというとき、緊急を要する際にはメールやフォームからよりも電話のほうが早く確実ですので、安心です。

ハイロードットコムのメリット・デメリット

 ハイロードットコムは、海外バイナリーオプションのブローカーの中でも信頼できる業者だと分かりました。

 では、ハイロードットコムを利用するメリットやデメリットはどうでしょうか。

メリット

 まずは、ハイロードットコムを利用するメリットをご紹介します。

取引の自由度が高い

この点はすでにご紹介したとおりですが、ハイロードットコムでは数ある海外バイナリーオプション業者の中でも圧倒的に多い取引時間の選択肢が用意されています。

 それぞれのペイアウト倍率も高く、最大で2.3倍のペイアウトは非常に魅力的です。

 また、取引出来る通貨ペアも豊富です。

Turbo 15分/1時間 1日
USDJPY
EURUSD
GBPJPY
EURJPY
AUDJPY
AUDUSD
NZDJPY
EURGBP ×
EURAUD ×
GBPUSD ×
CHFJPY ×
CADJPY ×
NZDUSD ×
USDCHF ×
USDCAD ×
GBPAUD ×
BTCUSD ×
ETHUSD ×
BTCJPY ×
ETHJPY ×
GOLD × ×
USOIL × ×
JPN225 × ×
HKG33 × ×
AUS200 × ×
UK100 × ×
GER30 × ×
FRA40 × ×
US30 × ×
SPX500 × ×
NAS100 × ×

 ハイロードットコムのバイナリーオプション1日取引では、通貨ペアのみならず、各国の平均株価や金なども、取引対象になっています。

口座登録で5,000円のキャッシュバック

 ハイロードットコムで口座登録を行うと、5,000円分のキャッシュバックがもらえます。

 このキャッシュバック自体は出金の対象には出来ませんが、それ以外は口座にある通常の資金と同じ扱いです。

 取引時にはキャッシュバック(CB)分から優先して使用され、利益が出れば通常通り口座に資金が追加されます。

 口座の残高が5,000円、ペイアウト倍率を1.8と仮定すると、

CBあり CBなし
ポジション 5,000円
CB 5,000円 0円
的中時残高 14,000円 9,000円
失敗時残高 5,000円 0円

 また、キャッシュバックは登録後も不定期に配布されることもあるため、大きな利益を得るチャンスです。

 そちらのキャッシュバックについては、月初めにランダムに配布されているようで、受け取ったという報告もあれば受け取れなかったという話もあります。

 全体的な傾向としては、ハイロードットコムでの取引実績や、過去のログイン履歴などが加味されているようです。

 また、

  • 取引総額10万円以上で損失が出ている
  • 口座残高が1,000円未満
  • 直近1ヶ月取引なし

 この条件を満たすことでもキャッシュバックが得られることがあるともされています。

HighLowロイヤルティ

 上述のキャッシュバックに関連して、ハイロードットコムでは『HighLowロイヤルティ』というプログラムがあります。

HighLowロイヤルティ

 これは、1ヶ月間の取引金額に応じて付与されるステータスによってキャッシュバックが得られるもので、最大50,000円のキャッシュバックが獲得できます。

 また通常のキャッシュバック以外にも、約定後に最大で500,000円ものキャッシュバックが得られる『ジャックポット』があり、ステータスが高いほど当選確率や金額が上昇する仕組みになっています。

スマホからも取引可能

 個人的にはスマホでの取引はあまりオススメしませんが(チャートなどを見ながらのトレードに苦労するため)、スマホからでも勿論取引が可能です。

 そればかりか、アンドロイド端末ならば取引用のアプリも用意されています。

 アプリはGoogle Playではなく公式サイトに置かれていますので、もしご利用の際はご注意ください。

 かつてはiOS用のアプリも配信されていましたが、現在ではストアから削除されています。

 配信されていた時点で所有していた方は現在でも利用できるようですが、新規に入手することは出来ません。

デメリット

 では、続きましてデメリットに触れていきたいと思います。

 どんなものでも、いいところもあれば悪いところもあります。ハイロードットコムでも、例外ではありません。

海外業者という不安

 当然ですが、ハイロードットコムは、ハイローオーストラリア時代から変わらず、金融庁への届け出のない海外業者です。

 よって、国内バイナリーオプション業者と比べると、どうしても安全性に不安は残ります。

 これに関しましては、完全に自己責任となってしまいますので、どうしても気になるという方は利用しないほうがいいでしょう。

場合によっては出金拒否や凍結に遭う

 出金に関しては通常問題はないのですが、ハイロードットコムの利用規約に抵触するような使い方や、マネーロンダリングと疑わしき取引は、出金を拒否されたり、場合によっては口座の凍結もありえます。

 ハイロードットコムでは、自動売買ツールの利用が禁止されています。また、連打など、極々短時間に連続してポジションを取る行為も、状況によっては違反となる場合があります。

 規約に関しましては、ハイロードットコムの公式サイトにてご確認ください。

 もし、「自動売買もマネーロンダリングもしていないのに出金が止められた!」という場合、『入金額に対して取引量が少ない』など、様々な要因が考えられます。

 心当たりのない凍結や出金制限は、ハイロードットコムに問い合わせて対応してもらうことで解除される場合が多いです。

単体ではチャートが見られない

 ローソク足チャートやボリンジャーバンドなど、為替取引に有用なチャートは、ハイロードットコムでは確認できません。

 ひとつだけ、現在、ハイロードットコムで取引に参加しているトレーダーがどう予測しているか、その割合を示す『トレーダース・チョイス』が用意されてはいます。

トレーダース・チョイス

 これはいわば、ハイロードットコム限定のトレンドを示したものですが、トレーダーがどのタイミングでエントリーしたかは分からず、当然、ハイロードットコム以外の場所からエントリーしているトレーダーの状況は不明です。

 参考データとしては利用できますが、為替レートの予測はこれだけでは難しいと言わざるを得ません。

 必要に応じてMT5やMT4などのチャートツールをインストールするなど、別途対応が必要です。

まとめ

  • 口座登録時のキャッシュバックがお得
  • 豊富な取引商品と取引時間、高いペイアウト率
  • 10年以上の運営歴
  • デモトレード完備

 老舗の海外業者は他にも『ファイブスターズマーケッツ』などもありますが、取引時間の豊富さやペイアウト倍率において、バイナリーオプションならばハイロードットコムのほうが優位といえます。

 もっとも、ファイブスターズマーケッツには簡易版のFXともいえる『WowFX取引』があるため、一概にどちらが優れているというわけでもありませんが……

ファイブスターズマーケッツの使い方・取引方法を解説!WowFX取引の詳細もご紹介

ファイブスターズマーケッツの使い方・取引方法を解説!WowFX取引の詳細もご紹介

 もし本記事を読んで、ハイロードットコムが気になったという方は、公式サイトへのリンクをご用意しておりますので、デモ取引など体験してみてはいかがでしょうか?

オススメの海外バイナリーオプション

新着記事

トップに戻る